半端な言葉を書き殴る。


by kodomoking
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

kid A + 大竹伸朗

フラフラと福岡市美術館へ出かけると、
『路上のニュー宇宙 / 大竹伸朗 展』 が行われていた。

大竹伸朗 -Rubbish Men(1987)
b0117667_137223.jpg

大竹伸朗 -東京-プエルトリコ(1986)
b0117667_1413857.jpg

大竹伸朗 -日本景 / 東京Ⅱ(1997)
b0117667_152535.jpg


知識ゼロ。 ニューペインティングだのコラージュだの、聞いたことあるような、ないような言葉が活用される中。 一番強く感じたことは、


大竹氏の制作欲の強さ。


音楽を中心に、様々なアーティストを見てきたが、これほどの制作欲を持った表現者は見たことがなかっただけに、
敗北感を持って、会場を後にした。
彼に影響を及ぼしたモノは、確実に俺にも影響を与えているが、こうまでも、表面に異なるものが現れるかと。
彼の表現は、技術力勝負でも、価値観の共鳴でも、憧れるセンスでもなかった。
彼は、絵描きでも、彫刻家でもなく、プロの表現者だった。


芯は同じだろうが、全く異なる表現の展示に、多少混乱しながらも、
作品のアイデアや、想いに浸ることができた。  非常に良い展示だった。





「制作意欲」 と 「表現の追及」というテーマは、俺の中で非常に重要なことで、
ガキの頃から聞いている音には、この2つの要素を含む。



『Radiohead / Kid A』
全世界で評価された、定番アルバムだが、
当時、俺もそーとーなショックを受け、それこそ、擦り切れるほど聴いたアルバムだ。 CDなのに。


Radiohead の凄さは、ファーストアルバム『Pablo Honey』 の名曲 『Creep』 で、
既存の表現を借りれば、既存のものより優れた表現に至ることを証明し、

発表されるアルバム毎に、音楽性を変化させてきたこと。


個人的には、
最強のpunkバンド。 The Clash。
最強のrockバンド。 Primal Scream。
最強のhardcoreバンド。 fugazi。

何れのバンドにせよ、表現の追及、クリエイティブ精神が、若き俺の魂に響いたと、
今フと思ふ。



立ち止まるべきではなく、
何モノにも変えがたい、新たな基準を創る、
アーティスト精神というものが、現代社会には必要だ。

創ることは、ケシテ、スタイリッシュな行為ではない。


そして、俺は彼等の様なアーティストの勇気をココロから尊敬してやまない。




Radiohead -Pablo Honey
b0117667_1363100.jpg

Radiohead -OK Computer
b0117667_1361596.jpg

Radiohead -Kid A
b0117667_1362729.jpg

[PR]
by kodomoking | 2007-08-04 02:03 | rock