半端な言葉を書き殴る。


by kodomoking
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

John Frusciante + 用意ドン

横一列に並び、一斉にスタートすると、隣に走るライバルの走りが気になるものだが。
世の中、横一列に走ったりはしない。
進学校では他校の状況を気にし、飲食店は隣の飲み屋の売り上げを気にし、建築家は建築家の動向を気にする。

Ill-BosstinoというMCがいる。
Such A Good Feelingという曲の中で、「漱石の前ではちっぽけな少年」と詠っている。
また、以前アルバイトしていた飲食店の店長が、「ライバルはディズニーランド」と言っていたことに感銘を受けた記憶がある。

ラッパーである以上ラッパーが競争相手であり。飲食店は飲食店がライバルだ。
食うか食われるかの世界で、勝負している。

しかし、もし競争が目的ではなく、個々の大局的な意思があるのならば。
文章を書く上で、ライバルは過去の偉人達であり。思想を唱える上では、歴史上の偉人達を超える必要があり。人を楽しませる点において、ディズニーランドのエンタメは戦う意義があるように思う。

それぞれの立ち居地において、さらに細分化した役割を検討し続けると。
細分化された役割、その一つ一つにおいて偉大な先人等との対決になるのではないか。
隣の同業者と戦うのは、結果のみで良い気がしてならない。

直接的な数字と戦えば、仕事の外に魅力が出来てしまうが。
仕事の可能性を信じ、next level での意義を掲げて挑めるなら、仕事に誇りと楽しみができる。



John Frusciante -The Will To Death
b0117667_1630697.jpg

John Frusciante の活動は常に主義と手段を選択した上で突き詰めた型を披露してくれるartistであると思う。Red Hot Chili Peppers では現代のrock music における最前線を、映画音楽においては、庶民の心の奥にまで浸透した芸を、そして、このthe will to death では最高にせつなく、美しいものを見せてくれた。
[PR]
by kodomoking | 2008-02-26 16:35 | rock