半端な言葉を書き殴る。


by kodomoking
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:punk( 2 )

リアル + Hi-STANDARD

ここ、ゆっくりとした時の中に滞在することが多々あり。

思うのは。
自由な時間がいくらあるといえ、仕事効率は大して変わらない。 という事実。



忙しく、切羽詰った中で、時間はゆっくりと流れている。



Slow Life というものは、時間を贅沢に使うことなのだと。  なんとなく考えた。






生活の変化と関係があるかはわからないが。

Rockな音楽やPunkな音楽から遠く離れ。
Organic な音楽、もしくは、Inorganic な音楽を好む様になってしまった。

以前は、レコードショップに足を運ぶと、「Rock-Pop」のフロア中心に徘徊していたが。
現在では、「HipHop」,「Reggae」,「Clubmusic」などのフロアを徘徊することが多い。



というのも、ギターサウンドは、現在の心境や生活にあまりにも適さない。

ライブに足を運ぶと、PunkKIDSの楽しみ方はもう出来ないし。
そういった類の音楽でテンションが上がることも、以前程は無い。


思うことは。
はしゃぐPunkKIDSの心境は、僕も歩んだから理解できるが。
演奏している彼等は僕より年上であることがほとんどだ。
彼等の心境はどうしても理解ができない。


THE CRO-MAGNONS の甲本ヒロトやマーシーが、真剣に向き合った上で、その音楽を選ぶ理由は何。

絶対的な純粋さか。
灰色の商業主義か。

真実は僕の手の中には無いが。 本来ならば、年齢を重ね。 環境が変わることで。
音楽面で甲本ヒロトでいることは難しいという疑問を常々思っている。



僕も歳を重ね。
何か否定的な話しをしている様だが。

KIDSにとって。 Punk は希望であり。
若き僕にとって。
Hi-STANDARD は道を開いたカリスマであった事実は霞むことはなく。
Punkという生き方を選ぶ大人がいる限り、今も何処かで、希望を得るKIds達が存在するだろう。


この話しは、あくまで、
Punkを供給する側の心境は、如何なるものか。
必ず存在する需要に対する商業主義なのか。
無垢で真っ白なKIds等に向けた、独りの男が発する絶対的な純粋な想いか。

その音から離れることで、
やはりPunkは音楽性ではなく、生き方だなぁ と。



Hi-STANDARD -Making THE ROAD
b0117667_5445218.jpg

THE HIGH-LOWS -ロブスター
b0117667_545292.jpg

F.I.B -FILL IN THE BLANKS
b0117667_5451529.jpg

[PR]
by kodomoking | 2007-11-10 05:47 | punk

punk + 反体制主義

パンクと言えば、
『sex Pistols』だろうか。

俺はもっぱら 『the clash』 だが。


パンクと言えば、
その音楽性より、精神的特徴に魅かれてしまう俺であるが、

現在のパンクは、
『The Damned』 あたりから派生したんだろうか、パンク音楽を楽しむ野郎が非常に溢れかえっている様に思う。

いや、もしくは、
最早、パンクによる反体制ミュージックは、
「はいはいw」と流されているのかもしれない。

パンクによる反体制 = 客寄せ = 商業主義

苦しくも、上記の構図さえ見えてきそうなバンドが溢れている様に思う。





「アンチ複雑化した音楽」 としての「勢い」を重視した側面は未だにkids達の心を捕らえて止まないが、「反体制」としての側面は力を失ってしまったのであろうか?


少々話しは逸れるが、
『vervet revolver』 が国民に愛されグラミー受賞したり、
日本のロックバンド 『GLAY』 が天皇や総理大臣の前で演奏することは、
完全に反体制の側面が消え失せた一例ではないだろうか。



なにも、
「反体制」だけを俺の主義としているわけではないが、

世の中の矛盾に立ち向かうエネルギーから生まれる表現は非常に美しく、魅かれる。




俺自身、
様々な人と出会い、衝突し、
色んな意味で角が磨り減り、
牙を失くしてしまっていることにフと気づく瞬間がある。

最早、勢いでは、そこらのナンチャッテpunk kidsにも勝てるか危うい。

しかし、
幼い頃から培ってきた、
俺の心に潜むpunk精神はこの先もずっと大切にしていきたい。


世の中との衝突をうまくすり抜け、
既存の理想像に近づくことよりも、

衝突を恐れず、
遠回りしてでも、
俺が生きてしか成し得なかった世界を見て見たい。

Sex Pistols -Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols
b0117667_735472.jpg

The Clash -The Clash
b0117667_736448.jpg

The Damned -Damned Damned Damned
b0117667_7361620.jpg

[PR]
by kodomoking | 2007-07-18 07:36 | punk