半端な言葉を書き殴る。


by kodomoking
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

評価 + EDIT

『評価されるということは、ピークを超えたこと』
この方程式はほとんどの場合に適応する。

よく言われるのは、
マスコミュニケーションに取り上げられる、「就職人気ランキング企業」は、
落ち目の企業だ。

大きな波が、マスコミにさえも行き渡る頃には、並に変わる。
桜も、散る頃が綺麗なものだ。

日本の文化は、
大きくなる以前の波に乗る奴を評価しない。
能力のある人間ほど、リスクを避ける。
二番煎じに知恵と工夫を加え、一時期の美味に酔いしれる。

一流大学卒は、官僚や大企業に。
二流は中小企業。三流がベンチャー。四流が自営。
「大学卒=能力が高い」と言いたいわけではない。
選択肢のあるものから、安全を確保する文化であると言っている。

アメリカ・シリコンバレーなどは、全く逆の考えだと、
某IT企業の会長は説く。

「能力のあるもの程、リスクをテイクする」
実力のあるもの程、挑戦し、切り開く。プライドがある。
米西海岸の文化では、一流は自営(起業)、四流が官僚、大企業に入社する。
本当ならば夢のある話だ。


評価は、過去の努力の賜物。
評価の高い時期は、失敗、もしくは、衰退が起こるもの。

調子の良いときは、後ろを振り返り、原因を学び。
調子の悪いときは、前を向き、評価を積み重ねると良い。

目標は評価基準にあらず、
マイルストンの途中経過には、定期的なアウトプットを挟み。
評価を意図的に得ることで、上昇の過程にて、評価を重ねることができる。

私は、評価に流され、何度も痛い目をみた。
勝負は、目の前の課題そのものと、その後ろに隠れた未来の目標。
流されて、流されて、海の藻屑とならぬよう。



-I'music Today-

EDIT -Mark Stewart
b0117667_23405549.jpg

近頃、頻繁にthePopGroupのジャケを目にすると思っていたんだ。
Mark StewartもthePopGroupも激アツですから。お見知りおきを。
[PR]
by kodomoking | 2008-05-02 23:49 | reggae