半端な言葉を書き殴る。


by kodomoking
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

裂 + BABEL

BABELという映画を見た。
タイトルからのインスピレーション以上に、現代社会を深く深く見つめ表現した作品であったように思う。
http://jp.youtube.com/watch?v=syfU7drScwg&feature=related

神々によって、言葉を分断された人々は世界中に散っていったという旧約聖書の物語がモチーフとなる作品。


個が抱える闇。
闇が影響した、他への不信感。
身近な人々との関わりと心の壁。

分割された隣の世界では、言葉も文化も歴史も価値観も異なる。
今、隣に居るあなたと心が通じないのならば、分断された世界同士が統率をとる日は訪れないだろう。




言葉は神々によって分断された。
しかし、文化間、国家間、宗教間、人種間といった線を引き、世界を細分化したのは人間。

細分化、複雑化した社会では、人ではなく、システムが先行し始め。
システムが人を操作する世界では、身近な人との繋がりさえも曖昧になり。
繋がりに信頼が持てず、個の抱える闇と、闇に対する不安は、より表面化する。



我々が大切にすべきモノは。

文明が築いた歴史でもなく。
歴史が築いた世界を席巻する主義でもなく。
主義が築いたシステムの残骸でもなく。
残骸の上に築いた個々の立場でもなく。


私とあなたが世界を創造している事実。
人と人が触れ合うことの素晴しさ。
共有することの嬉しさ。

全ての感情が生れるあなたとの一秒一秒の価値を心に深く刻み。
信じるという強さを、共鳴し合う人々と、仲良く暮らしたい。


「得」ではなく「徳」を重んじ。
今出来ることを重ねあげて行きたい。


Babel -Alejandro González Iñárritu
b0117667_633931.jpg

[PR]
by kodomoking | 2008-08-17 06:07

IT + One Day As A Lion

地方出身の私は。
ITこそが、様々なリソースと資本を、地方にもたらす格好の素材だ。と。思い。
現在、集中的に勉強している。

まだまだ、初心者の域を抜けきれないが。
頭の中の一角でも言葉にしておきたい。


地方での暮らしは、
リラックスムードや、ヒトとの繋がりは、本当に自然体で気持ちが良い。
しかし、資本主義社会に没頭した都市部に対し、資金的なハンデは拭えない現実があるように思う。

先日、地方の経営層とお話する機会があったが、
「我々は、ITどころか、どんどんアナログ化していってるよ」という言葉が印象的だった。


そもそも、都市部でのITと。地方でのITは、役割が異なるように思う。
都市部の企業は、マスを相手にし、大量の資金を得るために、多くの人材で組織が構成される。
入れ替わりも激しく。隣の仲間が何をやっているのかも、曖昧になる環境であるように思う。

だからこそ、ITという基盤を固めることで、その基盤から枝葉を広げることで、企業はより活性化される。
元々、都市部の経営者は、「組織を同じベクトルで、いかに効率的に、大きな利益を得るか」を課題にしており、
「経営=IT」の図式も必然かと思える。


しかし、地方の経営者は、「消費者とどう向き合うか、チームとしてどれだけやりがいをもって働けるか」を課題としているように感じる。
都市部の、部・課長の視点に近いイメージである。

どちらが良い。という話しではなく。
同じ経営者とはいえ、レベル感も、次元もことなる。



地方が、部・課長レベルの経営者を中心に、
より分野の限られた、専門分野に特化した事業を展開しているならば。
ITを有効に使用し、一つの大企業のように振る舞わせてみてはどうだろう?

企業間にスピード感のある取引が生まれ、地方が競争力を手にすることはできないか??


少し踏み入って考えてみると。
IT構築のお金の問題。企業間の関係等、様々な小問題が浮かんだが。
それ以上に。
地方にスピード感をもたらす危険性を感じた。

地方内部に、競争(特に価格競争)が生れてしまっては、元も子もなく。
そもそも、地盤をかため、サービスに特化した形態への問題点が浮上した。

そうか。
地方が資金的に豊かになれない最も大きな原因は、マーケットを固定したことによる。
限られたパイの奪い合い。

ITがなにかの手助けをするとすれば。
マーケットを広げる機能が必要か。。。
そうなると、現状の問題。IT導入できる資金力且、導入して効果を得るだけの規模の企業がターゲットと成るのか。
振り出しに戻るだな。



まぁまぁ。
ITに限らず、可能性は模索し続けよう。
きっと、あの、スロウで、ヒトの入れ替えが少ない環境だからこそ発揮できる付加価値があるはず。。



消費者主導型の経済に変わったにも関わらず、元来の資本主義形態で通用するはずがない。
「売る工夫をする側」は工夫次第でどうにでもなるかもしれないが。
「作る側」主に、第一次産業、第二次産業、そして、「一定のサービスを提供する側」には、なんて厳しい世界だ。
都市部の各機能を持った大企業や、ITの世界では。
「属人性を徹底的に排除しよう」なんて簡単に口にするが。

がんばっても、がんばっても、悩んでも、悩んでも、生活が成り立たない層の上に築く世の中って。
「何がいいの?」「何が目的なの?」「それが幸せ?」
日々トゲをもって努力を重ねよう。
「IT=最適化」という一般的な解釈は、「ふーん」と理解し。
資本主義に偏り過ぎない、もっと一般的な「最適化」を追求していきたい。

企業の中の価値観で物事を判断する、「企業戦士」なんてのは、クソ喰らえであって。
そんな価値感は、ごく一部の世界だと認識すべき。







One Day As A Lion -One Day As A Lion
b0117667_14335648.jpg

元RAGE AGAINST THE MACHINEのZack de la Rocha(vo / key)と、
THE MARS VOLTA のドラマーJon Theodore(dr)によるバンド。
いろいろやってんだなって印象。
それぞれのバンドの方が格段良いけど。
非凡です。完全に。
[PR]
by kodomoking | 2008-08-03 14:52